FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

コロニアル屋根リフォーム 剥がす、剥がさない

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

コロニアル屋根のリフォーム工事、と聞いて、どんなことを連想されます


悪徳リフォーム業者

騙される

雨漏り、大丈夫?
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/08/31(水) 05:03:59|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロニアル屋根のリフォーム工事(カバー工法)

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

さいたま市緑区でコロニアル屋根のリフォーム工事中です。

ケラバカバー、雨押さえも取り付け完了です。

一部分、少し壁材のサイデイングが、大きく隙間が空いていたので、急きょ、倉庫に戻り、

在庫の板金で加工し、隙間を塞いでから、雨押さえを取り付けたので、少し時間のロス。

後で、雨漏りの心配をするより、きちんと処理をしておけば、雨漏りの心配が無くなるので、

この、ロスは、重要な、必要なロスです。

部材を取り付けないと分からない部分でしたので、事前に用意できなかったのです。

まあ、何もしなくても雨漏りしなかったか、雨漏りしていても分からなかったか、その辺は分かりませんが、

自分で見てしまったら、そのままには、しておけません。

きちんと処理しておかないと、不安材料を残したまま、屋根工事、完了です。

なんて、お客様に対し、言えるわけありません。

最低条件である雨漏りさせない屋根工事、取組中です。



年間を通じて、暑さや、寒さから住いを守り、快適な生活環境にリフォームする、快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話でしてください。

耐震診断、雨漏り、屋根、外壁のリフォームなど、住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、土日、祭日関係なくお受けしていますので、お気軽にどうぞ。

住医やたべのホームページです

こちらもご覧ください。

外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明

良かったら、クリックお願いします。










  1. 2015/12/10(木) 05:07:50|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロニアル屋根の葺き替え工事(カバー工法)

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

外壁サイデイングの塗り替え工事の、コーキングの打ち替え工事も済み、ここからは、

塗装屋さんにバトンタッチです。

コーキング工事は、サイデイング工事もしていたので、お手の物ですが、外壁サイデイングの塗装は、

やはり専門家の塗装屋さんに分があります。

きれいで、手早い仕事が出来ます。

プロの仕事です。



今日から私は、コロニアル屋根の葺き替え工事に入ります。

塗装の現場は、浦和区、屋根工事は、緑区なので、合間に、塗装現場に、

行くことが出来ますので、近場の工事は、効率がいいですね。

お客様にも恵まれ、有りがたいです。

今日の予定は、リフトをセットし、防水紙の敷き込み、本体の施工となります。

屋根材は、表面に天然石を吹き付けた、ガルバリュウム鋼板のセネターという、材料です。

仕上がりが楽しみです。

仕上がりの写真を掲載予定なので、ご覧ください。



年間を通じて、暑さや、寒さから住いを守り、快適な生活環境にリフォームする、快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話でしてください。

耐震診断、雨漏り、屋根、外壁のリフォームなど、住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、土日、祭日関係なくお受けしていますので、お気軽にどうぞ。

住医やたべのホームページです

こちらもご覧ください。

外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明

良かったら、クリックお願いします。




  1. 2015/12/04(金) 07:22:21|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロニアル屋根、塗装をしたらこうなった

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。


今回、コロニアル屋根の塗装工事で大変なこと が起きてしまいました。

続きを読む
  1. 2015/11/08(日) 05:45:34|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロニアル屋根のリフォーム工事(葺き替え、カバー工法)

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。


さいたま市のお客様から、コロニアル屋根のご相談です。

古くなって、手入れもしていないので、どんな様子か、見てくださいとのご依頼です。

今回は、工事現場からの移動だったので、長い2連はしごを車に積んでいませんでした。

とりあえず、今日は、時間をとれる、ということで、急きょお伺いしたので、

はしごは、現場に固定したままだってのです。

はしごを使用中だったこともあり、とりあえず、お話をお伺いし、

後日のコロニアルの調査日程をお約束し、下から見られる範囲で、点検、調査をしてきました。

長年手入れをしていないということで、少し傷んでいるようです。

日を改めて、調査をいたします。



年間を通じて、暑さや、寒さから住いを守り、快適な生活環境にリフォームする、快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話でしてください。

耐震診断、雨漏り、屋根、外壁のリフォームなど、住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、土日、祭日関係なくお受けしていますので、お気軽にどうぞ。

住医やたべのホームページです

こちらもご覧ください。

外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明

良かったら、クリックお願いします。

  1. 2015/11/05(木) 06:23:54|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根のリフォーム(コロニアル屋根、瓦屋根、トタン屋根)熱さ対策

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

寒い、この冬一番の寒さです、大雪に注意してください、などと騒いでいたのですが、もう3月なかば。

これからは、屋根の雨漏りが増える梅雨が有り、それを過ぎると、ぎらぎらと照り付ける、太陽に照らされる、

暑い、暑い、夏がやってきます。

屋根のリフォーム(コロニアル屋根、瓦屋根、トタン屋根)は、雨漏りしているから、とか、

汚れてきたから、もうリフォームの時期だからという理由がほとんどだと思います。

でも、これからの夏の暑さを考えれば、熱さ対策さを目的にした、リフォーム工事があってもいいと思います。

暑さ対策は、塗料でも、良いものがありますが、数十年先まで考えた、

屋根のリフォーム(コロニアル屋根、瓦屋根、トタン屋根)工事を計画したほうがいいかと思います。

私のお勧めは、遮熱工事です。



続きを読む
  1. 2015/03/16(月) 05:49:39|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロニアル屋根のカバー工法

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

コロニアル屋根のリフォーム工事、いろいろあります。


塗装をしたり、遮熱塗料で夏の熱さ対策をしたり、傷んだコロニアルを葺き替えたり。


住医のお奨めは、軽量金属瓦のカバー工法によるコロニアル屋根の葺き替え?工事です。


まず、コロニアル屋根の上に、重ねて葺き重ねるので、既存のコロニアルを剥がす費用、産廃処理

する費用、屋根の下地、野地板の補強工事の費用、は節約できます。

そして、屋根が二重になるので、夏の熱さ対策、冬の寒さ対策になります。


ただ、今の屋根に新しい金属瓦を乗せて、重くなるけど、地震の時や、家は傷まないの?

等の心配もあると思います。

安心してください。

軽量金属瓦というように、25坪の屋根を葺いたときの重量は約560kgです。

私、体重84㎏ですが、私が屋根の上に6~7人乗っているのを想像してください。

むさくるしい人間が、そんなに乗っているのを想像するとと、ちょっと気持ち悪いと思いますが、

それくらいの重さがが増えるということです。

これで、重さの心配はなくなったと思います。



さて、工事のやり方、方法です。

まず、お客様からのお電話から始まります。

お宅に訪問し、屋根のお悩みのお話をお聞きし、それから、点検、調査の作業に入ります。

屋根にはしごをかけて、屋根に上がらせていただきます。

はしごを掛ける場所は、植木等を考慮し、雨樋を傷めないように、必要なら、当て板という、

雨樋を保護する道具を使用し、登ります。


まず、屋根に上がる前に、はしごに乗ったまま、雨樋の状態、コロニアルの軒先の状態、

雨樋を取り付けてある破風(ハフ)の部分、軒先の下の軒天(ノキテン)部分を点検します。


            軒先部分にコケが密集しています

CIMG2026.jpg


                     雨樋もサビが出ています

CIMG2025.jpg


                     軒天、破風です

CIMG2028.jpg

  
                   破風が雨水で腐り始めています

CIMG2029.jpg

屋根に上がると、屋根全体を見渡し、コロニアルの表面の状態、雪止めの状態、棟の状態、谷があれば、板金の傷み具

合、トップライトの有無、等を確認します。

それから、細部の点検に入ります。

気になる部分まで移動しながら、コロニアルの状態の点検です。

反っていないか、ずれていないか、欠けていないか、割れていないか。

CIMG2017.jpg

移動しながら、下地の野地板の様子も点検にします。

結露や雨漏りがひどいと野地板が傷み、歩くと、ふわふわと沈み、踏み抜く恐れのある時もあります。

そんなときは、下地の垂木(タルキ)を探し、その上の部分を歩いたりしています。


棟の部分の点検です。

よく、台風などの強風で飛ばされる部分です。

サビ具合、釘は浮いていないか、重ね部分は十分か、コーキング部分は劣化していないか等です。

               
               釘が浮き、重ね部分も剥がれています


CIMG2019.jpg


この写真のよな状態ですと、葺き替え工事か、カバー工法で、新しい屋根材で葺き変えた方が、

家を長持ちさせることになります。

この写真の屋根は、まだ、天井等に雨漏りは確認していないようですが、野地板があまりひどく傷む前に、

対策をした方が、いいかと思います。

続きます。





  1. 2014/11/14(金) 07:55:58|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (46)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (882)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示