FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

コロニアル屋根のカバー工法

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

コロニアルのリフォームを検討中の方に、住医のコロニアル屋根への、注意点、気を付けている点を、お話しします。

コロニアル屋根は、私が、建築板金工の業界に入ったころは、もうありました。

うん十年以前のことです。

その頃は、講習会が開かれ、施工マニュアルもあり、基本に忠実に施工していました。

今は、当時と違い、施工方法、部材も改良され、ベテランの職人でなくても、雨漏りしにくい施工方法に、

なっていますが、本来の、こうすれば雨漏りしにくいという、雨仕舞の方法で、施工しているのが、

たまに見受けられます。

だから、雨漏り調査のご相談があるのですが、残念です。

万が一、雨水が、例えば、台風のとき、土砂降りのときなど、風向きにより、雨水が内部に侵入しても、

もう一つの備えで、雨水を防ぐ、外に流れ出るような工夫がされていないのです。

外から見える隙間を、雨水の出口と水に、雨水の進入口としか見えないようで、

すべてコーキングでふさいでしまっているのです。

雨漏り調査で、お伺いすると、外観はとてもきれいです。

きちんと、コーキングされ、どこからも雨漏りしなそうな感じなのですが、雨漏りしてしまうのです。

そんなときの、住医の雨漏りの治し方は、簡単です。

きれいに施工されたコーキングを取り去ることです。

雨漏りの原因は、コロニアルの割れ、棟の傷みなどを除けば、二階の壁と一階の屋根の取り合い部分、

トップライトの板金の施工方法が悪い、などがあげられます。

コロニアルのリフォーム(カバー工法)は、新築と違い、色々な障害物があるので、新築よりも細心の注意を払います。

雨漏りしやすい部分の施工時は、特に、雨水が、ここから入り、ここから出ていく、という事を確認しながらの、

作業になります。

ただの四角い屋根なら、あまり問題ないのですが、複雑な形、トップライトのある屋根、一階にある屋根、

などは、屋根のリフォーム工事(カバー工法)をして、雨漏りした、なんてことにならないように、

今まで沢山の、雨漏りの屋根をを直してきた経験を活かし、雨漏りさせない屋根のリフォームを(カバー工法)、

心がけています。


年間を通じて、暑さや、寒さから住いを守り、快適な生活環境にリフォームする、快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話でしてください。

耐震診断、雨漏り、屋根、外壁のリフォームなど、住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、土日、祭日関係なくお受けしていますので、お気軽にどうぞ。

住医やたべのホームページです

こちらもご覧ください。

外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明

良かったら、クリックお願いします。




スポンサーサイト



  1. 2015/10/09(金) 05:49:12|
  2. コロニアル(カバー工法)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瓦屋根の葺き替え工事

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

屋根の葺き替え工事を検討中なら、この季節、秋がいいですね。

雨は梅雨に限らず、どの時期でも降るので、特に、今年は、雨ばかりだった気もします。

雨のほかの条件といえば、熱さ、寒さだと思います。

真夏の暑さよりは、今の時期が動けます。

ただ、日が暮れるのが早くなります。

まあ、夕方の時間が早くても、その分効率よく動けるので、結果、屋根の葺き替え工事には、適しています。


瓦屋根の葺き替え工事。

危険が伴う、重労働です。

重たい瓦をはがし、トラックに積み込むのですが、瓦屋根の上を、何枚も、重たい瓦を持ち、

瓦を降ろす、リフトの位置まで運ばなければなりません。

新築時にも、瓦をもって運ぶのだから、同じと思うでしょうが、足元の不安定さが違います。

古い瓦屋根です。

雨漏りもしています。(雨漏りに気づかなくても、瓦の下は、雨水が入り込んで、います。)

当然、瓦屋根の下の下地の板、野地板は、新築時に比べ、傷んでいます。

そこを、体重プラス、瓦8~10枚を持って、運ぶのです。

野地板の下の、垂木という上を歩かないと、踏み抜いてしまう恐れが有ります。

野地板の下は、天井なので、天井も踏み抜いてしまうことになります。

また、大けがにもつながります。

古い瓦屋根は、危険がいっぱいです。

最新の注意を払い、作業をしますが、真夏の暑さの中では、注意力も半減されます。

やはり、この時期、屋根の工事するのは、、やりやすいです。

瓦屋根の葺き替え工事の作業の内容、葺き替え工事の注意点などは、別の日に掲載します。



年間を通じて、暑さや、寒さから住いを守り、快適な生活環境にリフォームする、快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話でしてください。

耐震診断、雨漏り、屋根、外壁のリフォームなど、住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、土日、祭日関係なくお受けしていますので、お気軽にどうぞ。

住医やたべのホームページです

こちらもご覧ください。

外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明

良かったら、クリックお願いします。

  1. 2015/10/09(金) 01:21:13|
  2. 瓦屋根の健康診断
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (49)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (909)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示