FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

セキスイかわらUの葺き替え工事

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

台風も過ぎ去り、雨も上がりました。

風が残っていそうです。


今日から、セキスイかわらUで葺いた屋根の葺き替え工事です。

予定では、明日からでしたが、台風が、素早く過ぎてくれたので、

今日から工事着工です。


セキスイかわらUの、アスベストを抜いた製品は、割れたり、

剥離したり、ボロボロになってしまって、あまり芳しくないですね。

割れが何枚か見つかったので、この先のことを考慮し、

思い切って、葺き替え、という事になりました。


今度は、セキスイかわらUよりも軽い、ヴイクセンという、ガルバリュウム鋼板も石付屋根材です。

セキスイかわらUは、割れますが、ガルバリュウム鋼板のヴイクセンは、割れません。

ガルバリュウム鋼板なので、サビにも強く、天然の石粒が表面に吹き付けてありますので、

色も褪めにくい、優れものです。

これなら、塗装などのメンテナンスもいらず、安心できるでしょう。


夏涼しく、冬暖かい、快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです



良かったら、クリックお願いします。



スポンサーサイト
  1. 2017/10/30(月) 06:04:36|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瓦屋根の下の銅板屋根の傷み

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

瓦屋根の軒先に銅板で葺かれた屋根をよく見かけますが、

この銅板が穴が開きやすく、雨漏りしてしまいます。

この、穴の開いた銅板屋根の葺き替え工事が完成しました。


腰ぶき傷んだ写真


工事前の写真です。

瓦の軒先部分の茶色い部分が、銅板の傷んだ部分です。

本来は、他の部分のように、青く変色し、この状態で、トタン屋根のように、

錆びたりせず、塗装などのメンテナンスもいらない定でしたが、

瓦との相性が悪く、穴が開いてしまう現象が、最近起きています。

ここ、2~30年のことです。


これの修理は、かなり面倒です。

銅板屋根を施工する板金職人さんの、

銅板の加工方法が、決まっていないのです。

当然、加工された銅板のサイズは、加工した職人さんのサイズです。

一般的には、四つ切りとか八つ切りとか、色々ありますが、今回は、謎の加工方法でした。

仕方ないので、端材が出ますが、同じサイズに切断し、加工します。

同じに加工しないと、仕上がりが違ってしまいますので、同じように加工します。


施工は、瓦屋根を解体しないと出来ませんので、瓦の知識も必要です。

以前は、瓦屋さんとの、同時作業でしたが、最近は、

最近は少なくなりました。

瓦の職人さんが、少なくなってきているからです。


腰ぶき瓦解体中



軒先の瓦を剥がし、傷んだ銅板を解体しています。


銅板屋根の穴


きれいに穴が開いています。



腰ぶき完成写真


傷んだ銅板を、新しい銅板に葺き替え、瓦を戻して、完成です。

出来れば、全部、他の金属に葺き替えたかったのですが、

お客様の、銅板で、というご要望で、一部修理となりました。

この先、又、穴の開く恐れもありますが、しばらくは大丈夫でしょう。

お疲れさまでした。
  1. 2017/10/27(金) 05:32:55|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

破風板が台風で飛ばされた

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

雨の中、破風の工事をしてきました。

台風で、板金加工した破風板が飛ばされてしまったのです。

今まで、こんな経験はありません。

きちんと、木の下地に固定してあれば、強風で飛ばされることなどないはずです。

場所は、埼玉県の越谷です。


先日、お客様の依頼を受け、お伺いしたのですが、

残りの板金部分が今にも取れそうに、ぶらぶらして、

危険な状態でした。

固定したくても、はしごが届かない高さなのです。




                一部、色が違う部分が破風板です。

破風板の破損




屋根の一番高い部分なので、はしごでの作業は、難しい場所です。

とりあえず、破風板の寸法を取り、板金での加工の準備をしておきます。

急ぎ、工事をしたいのですが、今している

屋根の葺き替え工事の現場のお客様のこともあります。

事情を話し、1日時間をいただきました。


工事内容は、高所作業車を使用することにしました。

若いころに、高所作業車の資格を取っといたのが、今、

役立っています。

破風の飛ばされた原因が分かりました。

板金の破風板を固定する釘の長さが足りなかったのです。


破風板傷みの原因


どうしてこれで良しとしたのでしょう。

信じられません。

工事中に、釘が効かないなど、直ぐ気付きます。

他の、長い釘にすればいいだけです。


私は、こんな時の為、色々なサイズの釘、ビスを車に積んでいます。

いつでも、サイズの違う釘を使用できますが、

あまり、用意してない板金屋さんもいます。

それで、短い釘で、取り付けたのでしょう。

残念な仕事です。


今週末、又、台風が来そうです。

無事、破風板の取り付け、既存部分の補強も済み、

一安心です。

雨の中ですが、無事完了です。


夏涼しく、冬暖かい、快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです



良かったら、クリックお願いします。

  1. 2017/10/26(木) 05:51:49|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (48)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (898)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示