FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

瓦屋根の雨漏り修理

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

本日は祭日、文化の日です。

が、仕事をしています。

瓦屋根の雨漏り修理です。

先日の台風で、雨漏りしてしまい、急きょ、雨漏り修理となったのです。


瓦屋根の雨漏りの原因は色々ありますが、

今回の雨漏りの原因は、下り棟の小さな瓦部分から雨水が浸み込み、

傷んだ防水紙の破れた部分から、雨水が天井に落ちて、

雨漏りとなったようです。


傷んだ防水紙です。

穴IMG_3712


穴瓦下葺き

他にも何か所か穴が開いています。

穴の開く原因は、夏場の暑い季節に、瓦の下は60~70度の熱さに

もなると言われています。

当然、防水紙は、熱の熱さで伸び、涼しくなると縮みます。

その時、防水紙を固定している部分が破けたり、重ね部分が、

無くなったりしてしまうのです。

ほとんどの瓦屋根は、防水紙が傷んでいると思って間違いないと思います。

今回の雨漏り修理の内容は、下り棟の小さい瓦の補修、

防水紙の交換工事となります。


一度、棟、瓦を剥がし、防水紙を張り替えて、瓦を葺き直す。

瓦葺き直し下地写真

こんな感じです。

屋根全体を葺き直しすればいいのでしょうが、今回は、

雨漏り部分のみの修理です。

剥がした瓦を元に戻しし、棟を積み直せば完成です。

文化財の改修工事と同じように、剥がした瓦を戻さなければ、

瓦が足りなくなったりしますので、新規の瓦葺きと違い、

何かと気苦労の多い工事です。



夏涼しく、冬暖かい、快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです



良かったら、クリックお願いします。


スポンサーサイト



  1. 2017/11/04(土) 05:17:03|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (49)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (909)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示