FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

セキスイかわらUの葺き替え工事

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と

外壁のリフォーム工事に取り組んでいる

住医やたべです。

さいたま市西区でセキスイかわらUの葺き替え工事中です。

遮熱工事が完了しました。

効果を確認する為、軒下換気口を外し、

屋根裏の温度を確認しましたら、驚きです。

気温は、29度ぐらいの熱さでしたが、屋根裏の温度は、

ヒンヤリと冷えていたのです。

屋根の上は、日差しが強く、肌にさすようでしたが、

屋根裏は、木陰のような、涼しい感じです。

凄いですね。

まあ、太陽の熱を遮るだけで、冷やす効果は有りませんので、

冷蔵庫のような冷たさは、期待できませんが、

この涼しさは、期待できると思いました。

この上に、屋根が葺きあがらば、効果は増してきます。

屋根材は、断熱性が期待できる、石付金属屋根材ヴイクセンと

いう、屋根材です。

ガルバリュウム鋼板に、天然石を張り付けた、金属にもかかわらず、

雨音や、熱さを防いでくれる優れものです。

サビにくいガルバリュウム鋼板に、天然石の組み合わせなので、

塗装したガルバリュウム鋼板の屋根材より、色あせしにくいのです。

雨音も心配ありません。

軽くて、重ね葺きをしても、住宅の負担には

なりにくい屋根材です。


仕上がりが楽しみです。



夏涼しく、冬暖かい、快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです



良かったら、クリックお願いします。

 



  1. 2018/05/25(金) 04:07:01|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遮熱工事(暑さ対策)

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と

外壁のリフォーム工事に取り組んでいる

住医やたべです。

さいたま市西区で暑さ対策の遮熱工事中です。

セキスイかわらUの葺き替え工事と並行して、

遮熱工事もお勧めしたのです。

屋根の遮熱工事は葺き替え工事の時が、

一番経済的だからです。

葺き替え工事でなくても、遮熱工事は可能

ですが、費用がかかりすぎるので、お勧めできないのです。

屋根材の下に施工するので、葺き替え工事になってしまうので、

葺き替え工事後は、また、新しい屋根材を解体する

必要が有るのです。

こんな無駄は省きたいですよね。


遮熱工事は、断熱工事よりも、リフォームには適しています。

新築工事の時なら、厚さ10㎝の断熱材を敷き込むことも出来ますが、

リフォーム工事の時には、色々制約が有り、断熱工事は

難しいのです。

工事費用を無視すれば断熱工事も出来ますが、

工事費の予算もありますので、遮熱工事が

お奨めなのです。

遮熱工事なら、屋根の高さが32㎜高くなるだけですので、

既存の雨樋を交換することなく出来ますので、

工事費の節約になります。


遮熱工事の効果は、工事中にすぐわかります。

軒下換気口からの熱風の吹き出しが変化するからです。

遮熱工事のしていない屋根ですと、軒下の換気口の近くは、

吹きだした熱風の為に、熱くなっています。

遮熱工事がしてある屋根は、この、熱風は出てきていないのです。

始めて、遮熱工事をしたときは、この違いに驚きました。

この違いは、なんだ?!!

本当に驚いたものです。


5月なのにもう、30度近い気温になっています。

これからが暑さの本番です。

7月、8月になったら、どうなってしまうのでしょう。

考えただけで目まいがしそうです。


これからの夏さ暑さ対策に、是非遮熱工事を

取り入れてください。

工事をしたお客様からは、好評を得ています。

ご相談はお気軽に電話してください。

0120-7-41880です。


夏涼しく、冬暖かい、快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです



良かったら、クリックお願いします。

 



  1. 2018/05/24(木) 05:39:33|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瓦屋根の雨漏り点検

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と

外壁のリフォーム工事に取り組んでいる

住医やたべです。

さいたま市緑区で瓦屋根の雨漏り点検をしてきました。

築25年の建物です。

和型の瓦屋根で、外壁はモルタルです。

リフォームは1度もしてないそうです。

最近の豪雨ノニュースを見て心配になり、

雨漏りの点検をお願いしたという事です。

先ず最初に、雨漏りの跡が無いかの調査です。

瓦屋根の軒下部分、軒天部分に、

雨のシミや汚れが無いか、点検します。

外壁のモルタル部分の、ひび割れ、汚れも、

点検します。

外壁のルタルは、ひび割れ以上に注意する部分が有ります。

開口部分です。

アルミサッシの窓回りの角部分、

特に、下側の両側は、注意点です。

窓枠を伝わった雨水が、アルミサッシとモルタルの隙間から、

浸み込み、黒く汚れていたリするのです。

これは、悪性の雨漏りです。

雨漏りと気付いた時は、モルタルの下地の木材を

腐食させ、柱、土台まで腐食させたり、シロアリの

被害にあったりします。

シロアリは、じめじめが大好物ですから、要注意です。

特に、北側の窓回り、浴室、洗面所の窓は注意です。

外側を点検したら、いよいよ瓦屋根の点検です。

雨樋を傷めないよう、はしごをかけ、屋根に上ります。

雨樋も屋根に上りながら、点検します。

ゴミが詰まったり、変形、勾配の狂いを見ておきます。

雨樋の傷みは、雨水の跡とか、変形で直ぐに分かります。


さて、瓦屋根です。

全体を眺め、瓦のずれや、瓦の隙間の異常を観察します。

ちなみに、今回の屋根の形は、切妻です。

前と後ろに分かれた、単純な形の屋根です。

複雑な形の屋根よりも、雨漏りする部分の少ない形です。

後は、施工ですね。

棟部分の漆喰は、年数がたっているので、傷み始めています。

一部はがれかかっています。

漆喰は、棟の土台の下地の粘土を、雨水から

保護している部分なので、重要な部分です。

漆喰が傷むと、棟の下地の粘土が雨水で浸食され、

酷くなると、瓦の下に空間が出来たりしてしまいます。

ここまで傷むのは、問題外ですが、雨漏りする原因の一つですので、

漆喰は直ぐに補修したほうがいいですね。

瓦自体のわれ、ヒビは有りませんが、

少し隙間が空いている部分が有ります。

これも、雨水が吹き込みやすくなっているので、

手直しが必要です。

最後に、瓦桟、防水紙の点検です。

瓦を数枚剥がし、点検します。

瓦の下の防水紙は、ビニール製の瓦用の防水紙です。

このタイプは、熱に弱く、傷みやすいので、注意して

点検します。

防水紙の継ぎ目部分を見ると、重なり部分が有りません。

隙間が空いています。

野地板がきれいに見えています。

これは、新築工事の時の、防水紙の重なり部分が

少なかったので、防水紙が縮んでしまったのでしょう。

これは、防水紙のやり直しが必要です。

雨漏りしている恐れが有ります。

防水紙の敷き直しは、大工事です。

瓦、瓦桟を一度、すべて解体しないと出来ないからです。


現状を簡単にご報告し、後日、資料を作成し、

詳しい説明をさせていただくことにして、

屋根の雨漏り点検の終了です。



夏涼しく、冬暖かい、快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです



良かったら、クリックお願いします。

 





  1. 2018/05/21(月) 05:07:10|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (49)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (928)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示