FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

瓦屋根の下の銅板屋根の傷み

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

瓦屋根の軒先に銅板で葺かれた屋根をよく見かけますが、

この銅板が穴が開きやすく、雨漏りしてしまいます。

この、穴の開いた銅板屋根の葺き替え工事が完成しました。


腰ぶき傷んだ写真


工事前の写真です。

瓦の軒先部分の茶色い部分が、銅板の傷んだ部分です。

本来は、他の部分のように、青く変色し、この状態で、トタン屋根のように、

錆びたりせず、塗装などのメンテナンスもいらない定でしたが、

瓦との相性が悪く、穴が開いてしまう現象が、最近起きています。

ここ、2~30年のことです。


これの修理は、かなり面倒です。

銅板屋根を施工する板金職人さんの、

銅板の加工方法が、決まっていないのです。

当然、加工された銅板のサイズは、加工した職人さんのサイズです。

一般的には、四つ切りとか八つ切りとか、色々ありますが、今回は、謎の加工方法でした。

仕方ないので、端材が出ますが、同じサイズに切断し、加工します。

同じに加工しないと、仕上がりが違ってしまいますので、同じように加工します。


施工は、瓦屋根を解体しないと出来ませんので、瓦の知識も必要です。

以前は、瓦屋さんとの、同時作業でしたが、最近は、

最近は少なくなりました。

瓦の職人さんが、少なくなってきているからです。


腰ぶき瓦解体中



軒先の瓦を剥がし、傷んだ銅板を解体しています。


銅板屋根の穴


きれいに穴が開いています。



腰ぶき完成写真


傷んだ銅板を、新しい銅板に葺き替え、瓦を戻して、完成です。

出来れば、全部、他の金属に葺き替えたかったのですが、

お客様の、銅板で、というご要望で、一部修理となりました。

この先、又、穴の開く恐れもありますが、しばらくは大丈夫でしょう。

お疲れさまでした。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2017/10/27(金) 05:32:55|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セキスイかわらUの葺き替え工事 | ホーム | 破風板が台風で飛ばされた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sumai2013214.blog.fc2.com/tb.php/1010-c6a87099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (49)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (909)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示