FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

雨漏り修理(外壁、タイル張り)こんな風に治しました

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁のリフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

さいたま市の外壁の雨漏り修理の、工事の内容です。

長文ですが、写真入りですので、見やすいと思います。

飽きずに、最後までご覧ください。




雨漏りの場所はこんな場所です。

赤い丸印部分が雨漏りしています。

CIMG4619.jpg


黒い部分から雨水が浸み込み、赤い部分の白い柱に雨漏りし、雨水が落ちてきます。

タオルを巻いて、床に雨水が落ちるのを防いでいます。



雨漏り部分



以前の業者さんは、水道水を何度もかけて、調査したが、原因が分からなかったようです。


最初の雨漏り調査時に、コーキングを一部撤去し、内部の様子を、ある程度確認しました。

雨漏りの原因は、この段階で、予想できていましたが、

内部を完全に見たわけではないので、あくまでも、雨漏りの原因は、推定の原因です。

推定に従って、雨漏り修理の段取りをお客様に説明し、了解後、

工事を始めます。

作業しやすい高さに足場を組み、まず、邪魔な、コーキングを取り除きます。

こんなにきれいに、コーキングされていました。

雨漏り修理前

しかし、このコーキング、あまり雨漏り防止になっていなくて、雨漏りの原因にもなりかねません。

タイルの縦の継手から、雨水が入りますが、出口がないのです。

これは、いけません。

コーキングを撤去すると、バックアップ材が現れました。

これは、コーキングの為にはいいことです。

コーキングの弾力性を維持するのに、役立ちます。

でも、雨漏り対策にはダメです。

撤去コーキング


コーキングを撤去後、タイルを剥がします。

これがなかなか剥がれない。


撤去CIMG4984


接着剤で固定されていたので、苦戦しましたが、接着剤も、使用量も、まばらなうえ、

耐用年数があるようで、簡単にはがれるタイルもありました。

白く見えるのは、タイルの下地です。

乾式タイルという工法で、横になっている溝に、タイルを差し込んでいくので、

接着剤だけで固定するタイル張りよりは、剥がれて、落下することが少ない工事方法です。

タイルの下地に、黒く、雨水のシミ跡が見えます。

コーキングは、この雨水を閉じ込めてしまうのです。

今回は、コーキング無しで仕上げる予定です。


いよいよ、雨漏り部分の解体です。

解体雨漏り部分



赤丸部分から雨漏りしています。


雨漏り場所CIMG4990


赤丸部分が雨漏りでさびています。

矢印部分の 水切り という板金も中途半端なやり方です。

手前の斜めの線まで、水切りはかかっていました。

こんな状態でした。


雨漏り修理前工事


黒い矢印部分のコーキングは、最初の雨漏り調査の時に、撤去したものです。

コーキングは、多色常備していますので、すぐ、補修できる部分で、内部の確認をしています。

きれいな仕事で、どこから雨漏りするかわからないでしょう?

でも、雨漏りしているのです。

前の業者さんが、これ以上は、分かりません、というのも分かります。

でも、一応、雨漏り修理をしていますので、逃げ出す事は、出来ません。



ここまで見れば、どうすればいいか、分かります。

中に雨水が入らないようにすればいいのです。

タイルの下地を伝わった雨水を、外に、逃がしてあげればいいのです。

水切り板金CIMG4999


ここで、お詫びをします。

この写真の、内部の工事写真を、取り忘れました。

水切り板金の加工と取り付けは、写真に残せなかったのです。

つい、仕事に、夢中になってしまいました。

ごめんなさい。

写真はなくても、中の水切り板金は、きちんと仕事してありますので、大丈夫です。

タイルを張る前に、水道の水をかけて、散水テストは、済んでいます。

お客様も、確認済みです。

後は、タイルを仕上げるだけです。

仕上がり写真CIMG5006


工事前とほとんど同じですが、角割れていたのタイルを交換しましたので、いくらか、きれいになっています。

水切り板金も、勾配を付け、雨水が流れやすくしておきました。

タイル下端のコーキングは、しないで、そのままも仕上げです。


水切り板金CIMG4999


水切り板金CIMG5000


長文、お付き合いありがとうございます。

ちょっとしたことが原因で雨漏りしてしまいます。

毎日、気が抜けない仕事なんだ、お客様の大切な住まいを、工事させていただいているんだ、

と気を締めて、工事に当たっています。

これからも、雨漏りしない、雨漏りさせないように、リフォーム工事に取り組んでいきますので、

よろしくお願いいたします。



年間を通じて、暑さや、寒さから住いを守り、快適な生活環境にリフォームする、快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話でしてください。

耐震診断、雨漏り、屋根、外壁のリフォームなど、住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、土日、祭日関係なくお受けしていますので、お気軽にどうぞ。

住医やたべのホームページです

こちらもご覧ください。

外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明

良かったら、クリックお願いします。




関連記事
スポンサーサイト



  1. 2015/10/30(金) 20:03:50|
  2. 住医やたべの工事日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨夜の冷え込み | ホーム | 雨漏り修理(外壁、タイル張り)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sumai2013214.blog.fc2.com/tb.php/571-f83826ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (49)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (909)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示