FC2ブログ

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

コロニアル屋根リフォーム 剥がす、剥がさない

埼玉県さいたま市緑区で雨漏りさせない屋根と外壁の

リフォーム工事に取り組んでいる住医やたべです。

コロニアル屋根のリフォーム工事、と聞いて、どんなことを連想されます


悪徳リフォーム業者

騙される

雨漏り、大丈夫?

まあ、悪徳リフォーム業者はまだありますので要注意ですが、

それはひとまず置いといて。


コロニアル屋根のリフォーム工事に戻します。


リフォーム工事というと、葺き替え工事の事です?とか、

屋根の塗り替えのことですか?とか、

え!コロニアル剥がさないとだめですか?

なんて、色々思い浮かべるでしょう。

みんなリフォームですが、現状維持にするか、

付加価値を付けるかで、分かれてきます。

汚れたから、きれいにしたい。

明るい屋根の色にしたい。

塗装をすると雨漏りするので心配。

夏、コロニアル屋根は熱いので、断熱効果のある屋根にしたい。

コロニアル屋根じゃなく、洋風瓦にしたい。

屋根の雰囲気を変えたい。

コロニアル屋根は、天井に結露しやすいって聞いたので、心配。

雨漏りが心配。


こんな解決策が有ります。

新築して10~15年のコロニアル屋根なら、遮熱工事+ガルバリュウム鋼板の屋根材の、

カバー工事がお奨めです。

コロニアル屋根の断熱工事は、新築時を除き、大がかりな工事となってしまいます。

既存の屋根面から65~80mm厚みが増してしまいます。

その上に新しい屋根材が施工されます。

そうすると、雨樋に雨が入らなくなってしまいます。

雨樋の交換、破風板の加工も必要です。

遮熱材を使用すれば、厚みも30㎜しか増えませんので、

予算が有れば、角樋に交換すればいいでしょう。

予算の都合で、既存の雨樋を使いたい。

ご安心ください。

解決策が有ります。


私はこんな方法で、解決しました。

予算がない場合ですよ。

予算が有れば、角樋に交換すれば済む話です。

実は、軒先10~15㎝は遮熱材を敷き込まず、

既存のコロニアルの高さで施工し、その奥から、

遮熱材の施工をするのです。

遮熱材の効果は維持できるし、雨樋の水も

以前と同じ状態で、問題ありません。

問題と言えば、まあ、軒先に段差が少しできるので、

違和感が有るといえばあるし、デザインだと思いば、

そんなもんかな~ぐらいです。

画像は、私のミスで消滅させてしまったので、無いので残念です。


コロニアルを剥がすか、剥がさないかの問題でしたね。

今までは、剥がさない でした。

剥がさない工事の利点を上げてみます。


①コロニアルを剥がす工事代、処分代が節約できる。

 アスベスト製品の場合、処分費が高額になりますので、

 差額は馬鹿にできません。


②工事の期間が長くなる。

③二重屋根になるので、遮音性、断熱性が上がる。



マイナス面です。

①二重屋根になるので重くなる。

*ガルバリュウム鋼板の金属瓦なら、驚くほど重くはなりません。

②雨樋交換が必要になる。

*工夫をすれば、既存の雨樋をそのまま、使用できます。

 多数、工事をしています。

 その分、工事費が少ない位=お客様の費用の負担が少ない。

コロニアルの屋根のリフォーム工事は、基本的には、剥がさず、カバー工法をお勧めします。

カバー工法について、不安な点、心配な点などありましたら、

お気軽に、ご質問して下さい。

無料電話です。

0120-7-41880 です。


快適な生活環境にリフォームする、

快適リフォームに取り組んでいます。

相談は、お気軽にお電話してください。

耐震補強、雨漏り、屋根、外壁のリフォーム、

使いやすく、生活に優しい住宅、

住いの困りごとも、お気軽にご相談ください。

無料相談電話番号です。

0120-7-41880です。

お気軽にお電話ください。

当たり前ですが、しつこい押し売りとか、

していませんので、安心して、ご相談ください。

無料電話 0120-7-41880です。


あさの7時から夜8時まで、

土日、祭日関係なくお
受けしていますので、

お気軽にどうぞ。


住医やたべのホームページです。

よろしかったらご覧ください。

住医やたべのホームページです


屋根と外壁のリフォーム工事に特化したブログです。

リフォーム工事の参考にどうぞご覧ください。


屋根と外壁のリフォーム工事




こちらもご覧ください。


外壁、サイデイングの塗装工事の詳しい説明




良かったら、クリックお願いします。





関連記事
スポンサーサイト



  1. 2016/08/31(水) 05:03:59|
  2. コロニアルリフォーム工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨漏り調査(トタン屋根、防水) | ホーム | 屋根のリフォーム(葺き替え工事)の時期到来>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sumai2013214.blog.fc2.com/tb.php/755-f53828ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER573161ZPZ

Author:FC2USER573161ZPZ
FC2ブログへようこそ!

埼玉県さいたま市緑区で

雨漏りさせない、

屋根と外壁の、

リフォーム工事店を

営んでいます。

お気軽ご相談ください。

ご相談は無料です。

連絡先 0120-7-41880 

7時から夜8時まで、

常時連絡可能です。

カテゴリ

住医やたべ連絡先 (1)
住医やたべの自己紹介 (1)
葺き替え工事例 (1)
屋根の材料 (0)
瓦屋根の葺き替え工事 (18)
屋根のリフォーム得する情報 (7)
屋根の熱さ対策(遮熱工事) (2)
コロニアル(カバー工法) (24)
瓦屋根の健康診断 (12)
雨漏りに気づいたら (2)
トタン屋根リフォーム工事 (15)
雨漏り修理 瓦屋根 (26)
雨漏り修理 金属屋根 (3)
雨漏り修理 コロニアル (49)
恐ろしい雨漏り  (12)
雨漏り修理外壁サイデイング (4)
雨漏り修理モルタルの外壁 (1)
コロニアルリフォーム工事 (7)
雨漏り修理(雨漏り工事) (9)
雨漏り修理は誰に頼む (3)
火災保険で屋根と雨樋工事 (11)
雨漏りの原因 (1)
フラワーアレンジメント (4)
雨樋修理の大切さ。 (13)
住医やたべの工事日誌 (928)
そうか こうすればいいのか ブログ挑戦汗だく苦闘記録 (9)
雨漏り調査 (2)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示